スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.02.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

お疲れさまでした。

今日、OTA GLASS STUDIOの太田さんが窯の火を消しました。

たくさんの作家さんと仲良くさせてもらってますが、なかでも付き合いが一番長く、
しかも家族ぐるみ仲良くさせてもらっているのが太田さん一家です。

ここに初めて工房を訪ねた時のブログの記事があります。
「OTA GLASS STUDIOと火鉢」

2回目に訪ねた時が初対面でしたが、その時は確かJAGDAの新人賞の作品制作のために、
作品集とポスター、ショップカードを作らせてほしいと頼みにいったのでした。

初対面なのにそんなお願いをする僕をマサさんと真帆さんは快く受け入れてくれて
(どんなものができるかもわからないのに)、作品の製作に協力をしてくれたのでした。
無理言って作らせてもらったそれらの作品は、
今もSproutの宝だしこれからもそれは変わりません。

それからは家族ぐるみでお付き合いが始まって、真帆さんとサラちゃん・カイくんが
東京に移った今でも仲良くさせてもらっています。

作家としてモノづくりをして来た太田さんたちが、自分が望んだのでなく
その活動をやめざるを得なくなった、その気持ちはどんなだろうと想像します。

笠間で生活して、制作をはじめて4年だったそうです。
きっと面白くなって来たところだったんじゃないだろうか?
それだけに残念だろうなと思います。

本当に残念なことになってしまいました。
でもしかたない。
もうこれまでとは違う世界になってしまったわけですから。

マサさん、真帆さん、OTA GLASS STUDIO4年間お疲れ様でした!
再始動待ってますから。その時の屋号はぜひ「太田夫妻」でお願いします!



OTA GLAS STUDIOと火鉢

とてもお世話になっている方が3月いっぱいで異動されるので、お礼の贈り物を探しに、前から気になっていた笠間のOTA GLAS STUDIOに行ってきた。


春風万里荘の近くのそのスタジオには、良い雰囲気のギャラリーがあるのだが、あいにく不在なようで、作品を直に見ることができず、しかたなく退散。

せっかくなので、外から写真を撮らせていただいた。





ここならよいものが見つかりそうだ。今度は予約していってみよう。
吹きガラスの体験もできるらしい。

帰りに寄った赤尾杉で流掛火鉢を見せてもらう(見ただけ)。火鉢で流掛はなかなかないそうで、その上、割れもなく美品だった。古い笠間焼は意外といろいろな種類があり、なかなか奥深い。大きな植木鉢なんてのもあるし・・・。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sprout

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode